ごあいさつ


近年、私たちを取り巻く社会には多様なストレスが存在しています。学校・職場・家庭など、何らかの悩みをもったり、どこかで生き辛さを感じたりと、誰もが経験していることではないでしょうか。そしてそれらは、神経症・摂食障害・ひきこもり・家庭内暴力・当事者に関わる周囲の人の悩みなど、色々な症状として社会現象になっています。

私たちハートフルでは、こういった心の悩みや生きづらさを「問題」としてクローズアップするのではなく、社会の在り方に対する人々の「反応のひとつ」として考えています。その1人1人違う「反応」に対して、気持ちを理解してくれる人、力になってくれる人、それは同じような悩みを持つ仲間同士であることを知りました。ピアカウンセリングの場は、正直に語り合うこと、孤独感を安心感に変えること、支え合いの中で問題解決していくこと、それらが効果的にカウンセリング出来る空間です。仲間と出会い、体験を分かち合い、支え合うことによって、本来もっている自分自身の力で、誰もが自分らしい生き方を見つけていけるでしょう。

しかしながら、ピアカウンセリングは元々アメリカで始まったため(現在は日本向けに研究・改良されています)、その効果意識が、なかなか共有されていないことも事実です。従って、より多くの人にピアカウンセリングの効果を伝えていきたいと考えます。ピアカウンセリングの普及によって、誰もが孤立することなく、自分らしい生き方・新しい生き方へのきっかけとなればと思っています。

行政・専門機関、既存のグループ、そして一般市民の方々に、ご理解とご協力を頂き、「仲間と支えあいながらの多種多様な生き方」が当たり前に尊重されるよう、活動の向上に努めると同時に1日でも早く社会意識が変化することを祈っています。



***各グループ関する考え***

悩みや問題の解決には色々な方法があります。色々な方法があるから色々な団体があります。私たちは、ピアカウンセリングを尊重しようとするスタンスを感じる団体については、全てを紹介しています(営業やメンバー確保のためだけのスタンスを感じるものや、当時種を管理・強制しようとする団体については紹介しないようにしています)。

しかし、「どの方法が良い」とか「どのグループが良い」とは言いません。なぜなら、1人1人適する方法や場所が異なると考えるからです。(例えば、誰かに洋服を貰っても、自分の好みに合わなければ、そう頻繁には着ませんよね。また、ある料理店の評判が悪くても、自分の味覚には合うかもしれませんよね)。「自分で選ぶこと」が大切だと考えます。本人が自分で選択したことは、誰にも否定する権利はありません。1人1人の選択こそが尊重されるべき選択だと考えます。





SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO